H30 佐礼谷小日記

楽しい秋いっぱい

 1・2年生の生活科「楽しい秋 いっぱい」で、自然の物を使って、作って遊ぼうというのがあります。

1・2年生が、自分たちで作ったもので、お店屋さんをして、3年生と、職員室の先生を招待してくれました。 

これはどんぐりを転がして、いろいろなポイントを通ってゴールさせるゲーム。

タイムも計っているのでドキドキ!

赤い木の実を投げてプリンカップに入れるゲーム。なかなかむずかしいぞぉ。

先が細いスプーンになっている長いストローを使って、どんぐりやしいのみを、プリンカップに移すゲーム。これがまた難しいのです。

さまざまな難易度のあるけん玉。玉が松ぼっくりなので、コップのふちに挟まるなどの珍プレーもありました。

これは、カップの中にどんぐりが入っていて、そのカップをどんぐりを落とさないように回すゲーム

挑戦しましたが、目標の100回を目指して回していると、なかなかの筋トレ状態!

これはどんぐりをカップに投げ入れるゲーム。かなりのコントロールを要求されます。

今日は担任の先生が出張で、自習の多かった3年生もリフレッシュできましたね。

工夫があり、とても楽しいお店屋さんでした。ありがとう!

6時間目のクラブ。

食べること大好きな文化クラブは、今日はチーズフォンデュとか。

下ごしらえもバッチリ!おいしくいただいたようです。

スポーツクラブは、ドッジボール??

5人なので、2対3に分かれると、1人外野に出ると内野が1人・・・。

そんなことは無視して、2対3で激しくボールやフリスビーをぶつけ合ってました。

これを45分続けるのか・・・。体力あるなぁ。

楽しい秋いっぱいの佐礼谷小学校でした。

1・2年研究授業 国語

 今日は2時間目に、1・2年生の国語の研究授業がありました。

1年生は「はたらく自動車」2年生は「さけが大きくなるまで」を学習しています。 

担任の先生が、指示をして任せたり、指導したりと、絶妙なタイミングで2学年を同時に授業を進めます。最初に音読をしますが、どちらの学年も声が大きく、はきはきと読むことができます。

内容をしっかり読んで、「さけの様子」を見つけていきます。集中できています!

1年生もワークシートに、ショベルカーの「やくわり」や「つくり」についてまとめています。

写真の中にも書き込む作業をしています。

1年生も2年生も、お話からしっかり読み取ってまとめていました。

 発表の声、ぴんと伸びた挙手、座っている姿勢、授業への集中など、大変立派でした!

少し、緊張していたようだったと担任の先生が言われてましたが、ふだんからきちんとできていますね。

授業風景

「学習の秋」

という言葉はあまり聞きませんが、佐礼谷の子どもたち、日々の勉強もがんばっています。

理科室をのぞいてみると3年生が学習中。

「風のはたらき」ですね。手作りの風車を作って、風の強さと風車の回る速さを体感していました。

ちょっと寒そうですが、みんな楽しそうに学習しています。

6年生は、「詩」の読みとりをしています。

叙述に即してしっかりと情景を読み取っています。

5年生は「敬語」について学習中。「弟」という主語を「先生」に直して文を書いています。

なかなか難しいですね。

1年生は、学習内容が終わったようで、読書タイム。

2年生は、算数の問題を自力で解いて、先生に見てもらっていました。

よくできていました!

 

高学年は、休み時間には「三世代交流」の準備と、毎日忙しく過ごしている佐礼谷っ子でした。

全校話合い

今日の朝会は、校長先生の話の予定でしたが、三世代交流に向けて全校話合いをもっておかないと準備が間に合わないということで、変更になりました。

三世代とはだれぞや?

佐礼谷の子どもたち、地域の方と老人会の方、参観日に来られた保護者の方と教職員で三世代ということでしょうか。

普段からお世話になっている地域の方をお招きして、感謝の気持ちを伝えたり、いっしょに楽しい時間を過ごすのが目的です。そのために話合いを行いました。

感謝の気持ちを伝えるためにはどうすればよいか

全体でのゲームは何をするのか

何をして交流するのか

運営していくための係はどうするのか

1年生から6年生まで、みんなに出番と役割があります。真剣な話合いでした。

 話合いでの自分の反省・自己評価を書いて終了です。朝会の時間と1時間目を使ってしっかり話し合いました。次は準備ですね!

2時間目 持久走大会の下見

 佐礼谷の今朝の気温は、車の温度計で6℃!

もはや冬の寒さですが、2時間目ごろには暖かくなり、青空も広がっています。

1・2・3年生の今日の体育は、11月28日(水)に行われる持久走大会の下見とか。

ちょっと体調の思わしくない子は学校に待機して、9名の子どもたちが下見に出かけました。

今日は走らないそうですが、入念な準備運動。大事なことです。

その横では、5・6年生が体育で、サッカーの練習をしています。

高学年は、コースはよく分かっているのでしょうね。

いつものように、校舎に「行ってきます」と挨拶をしてから出発します。

教頭先生から、「道を歩くときは右。でも道路を走るときは左を走るんだよ。」と教えてもらって、左側を歩いて(小走りで)進みます。

田んぼに現れたミステリーサークル?!

ではなくて、11月11日(日)に行われる「されだにきてみん祭」に向けて、稲を残したものでした。この写真では「きてみ」が見えます。次の写真は「てみん」。分かりますか?

進んでいくとイチョウの木が。登校中に子どもたちが「くさい、くさい」と言っている、銀杏(ぎんなん)の実がたくさん落ちているところです。ここが1・2年生の折り返し地点。

3年生は、郵便局を越えて、犬寄の方に進みます。折り返しの印がなかなかありません。

「あった!」

ガードレールの支柱に、布が巻きつけてあるのが目印。

 ここから佐礼谷診療所前のゴールに帰ります。

毎朝、おはようマラソンで鍛えている佐礼谷っ子。

きっといい走りを見せてくれると思います!